横浜市・川崎市内の廃棄物回収といえば日本ビソー  ごみの分別について|廃棄物|

分別表

皆さんこんにちは!日本ビソーの森井です。

今日はごみの分別について、記載をさせていただきます。

お客様から「ごみ分別は手間がかかるので分別しないでごみを出す方法は無いのか?」というお問合せを頂くことがありますが、結論から言うと分別されていない状態でごみ回収をすることはできません!!!

今回は何故分別が必要なのか?という部分の説明ができればと思います。

 

【①ごみの分別方法】

まずは、弊社でご案内をしているごみの分別方法を説明します。

過去のブログでも書いておりますが、事業者様が出されるごみは、事業系一般廃棄物と産業廃棄物の2種類がございます。

弊社ではご契約時に以下のような分別表をお客様にお渡ししています。

分別表

主な分別方法は以下のような形になります

・事業系一般廃棄物

主に可燃ごみが該当します(紙ごみ、木製ごみ、生ゴミ等)

 

・産業廃棄物

主に不燃ごみが該当します(プラスチックごみ、金属ごみ、ガラス製ごみ)

※実際には細かなルールがあり、上記通りにはいかないケースもございます。

詳しくは過去のブログをご参照下さい。

「家庭ごみと産業廃棄物の違いとは」

 

 

【②分別が必要な理由】

上述の通り、事業者様から排出されるごみは事業系一般廃棄物と産業廃棄物に分かれることがわかりました。

では、なぜ分別が必要なのでしょうか??

 

それは廃棄物の種類が異なるためです。弊社のようなごみ回収業者は一般廃棄物の回収を行うために一般廃棄物収集運搬許可、産業廃棄物の回収を行うために産業廃棄物収集運搬許可を取得しています。それぞれ回収に必要な許可が異なっており、同じ車両で2つの許可を取得することもできないので、一般廃棄物と産業廃棄物はそれぞれ別の車両で回収を行う必要があるのです!

そのため、仮にお客様がごみ分別を疎かにされた場合は、片方しか許可の無い車両で2種類の廃棄物を回収することになるので違法な回収となってしまいます!

廃棄物の法律では、排出事業者責任という考え方があり、弊社のような廃棄物運搬会社や中間処分会社へ廃棄物処理を委託したとしてもごみを出す事業者様自身も違法な処理をされてしまった場合は責任を問われることがあります。

適正処理のため、ごみの分別はしっかりと行った方が良いですね!

 

 

詳しくは以下の環境省のページをご覧ください。

参考 :環境省HPより「排出事業者責任の徹底について」

URL:https://www.env.go.jp/recycle/waste/haisyutsu.html

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)第3条第1項において、事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならないとされており、また、同法第11条第1項において、事業者は、その産業廃棄物を自ら処理しなければならないとされています(排出事業者責任)。

廃棄物処理業者に産業廃棄物の処理を委託した場合であっても、排出事業者に処理責任があることに変わりはありません。廃棄物処理法第12条第7項では、事業者は、産業廃棄物の最終処分が終了するまでの一連の処理が適正に行われるために必要な措置を講ずるよう努めなければならないこととされています。不適正な処理を行う廃棄物処理業者に委託していたことが明らかになれば、排出事業者も廃棄物処理法の措置命令の対象になる可能性があるとともに、社名等が公表され、コンプライアンスを十分に果たしていない事業者として社会的な評価を落としかねないリスクを十分に認識する必要があります。

 

【③分別が必要な理由その2】

その他に分別が必要な理由は、回収時の危険を防ぐためです。

弊社では電池、バッテリー、ライター等は危険物としてごみを出す際には分けていただき、回収前にご連絡を入れてもらっています。

バッテリー、電池、ライターは圧がかかると発火する恐れがあり、ごみ袋の中に混ぜられていると運転中の発火事故に繋がります。近年はリチウムイオンバッテリーが多種多様な製品に使用されており、日本全国でごみ回収時の事故が発生しています。

 

弊社ではドライバーの命を守るためにもお客様への分別の徹底をお願いしております。

 

 

 

 

今回はごみの分別について書かせもらいました。法律的な問題と事故を防ぐために分別が必要なのです。

手間はかかりますが、適正処理とドライバーの危険防止のため分別のご協力をお願い致します。

 

 

 

日本ビソーでは、事業者のお客様のみならず、一般のご家庭の引っ越しや遺品整理に伴う一時多量ゴミの回収も行っております。

御見積は無料で承りますのでお気軽にお問合せ下さい。

※弊社HPでWEB見積も行っております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

日本ビソー株式会社
〒221-0014 神奈川県横浜市神奈川区入江2丁目18番地 ユニー大口ビル208
TEL:045-401-6948
MAIL:info@nihon-biso.co.jp

HP:https://nihon-biso.co.jp/

日本ビソー㈱ロゴ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★