横浜市・川崎市内の廃棄物回収といえば日本ビソー  重量物の処分|廃棄物|

ユニック車

皆さんこんにちは!日本ビソーの森井です。

 

今回はマッサージチェア、婚礼家具、機械類等の重量物の処分について書いていこうと思います。

重量のあるごみは運び出す事が難しく、処分に困ってしまう事があるのではないでしょうか?

 

【①家庭ごみの場合】

家庭から発生するマッサージチェア、婚礼家具等は重量があり、どのように捨てるかわからないという方もいるのではないでしょうか?

家庭から発生するごみは各自治体で処分をするルールになっています。自治体ごとにルールが異なりますが、家の中まで回収をしてくれる自治体は少なく、原則は自身でごみを家の外まで運び出す必要があります。

大型の家具は引っ越しや商品購入時にベランダから吊り上げて家の中に運び入れている場合があります。その場合、物理的に運び出す事が難しいケースもあるので困ってしまいますね。

 

自身でごみを家の外まで運び出すことが難しい場合は、民間業者に搬出作業を依頼しなくてはいけません。

家庭ごみを運ぶ事ができる一般廃棄物許可業者に搬出作業を含めて処分を依頼すると良いのではないでしょうか?

一般廃棄物許可業者は自治体のHPに掲載されていますので、チェックしてみてください。

 

【②事業系ごみの場合】

事業に伴って発生するごみは家庭ごみと異なり、産業廃棄物としての処理が必要となります。

産業廃棄物は許可を取得している民間企業に委託をして処理することになります。

民間企業に委託する際、重量物の搬出についても合わせて相談して提案してもらうと良いでしょう。

ただし、重量物搬出は人手が必要で、場合によっては機材を用いて運び出しを行うため通常の回収費より高額になる事が多いです。

重量物の搬出については現地下見を依頼して、金額を確認してから依頼すると良いでしょう。

 

【③業者選定のポイント】

家庭ごみも事業系ごみも、重量のあるごみを処分する場合は、民間業者に委託するケースが多いと思います。

業者選定のポイントについても記載しますので参考にしてみてください。

 

・許可の確認

過去のブログでも何度か記載をしていますが、ごみを運搬、処分するためには許可が必要となります。

家庭ごみを運搬処分するためには一般廃棄物に関する許可、事業系ごみ(産業廃棄物)を運搬処分するためには産業廃棄物に関する許可がそれぞれ必要となります。許可を取得していない業者に委託すると、不法投棄されてしまったり、最悪の場合は委託した方も罪に問われる可能性がありますのでご注意下さい。

※許可に関するブログはこちら

 

・作業の実績

廃棄物の処理に関わる民間業者は、それぞれ得意分野、不得意分野があることが多いです。

そのため、業者選定を行う際は、重量物の搬出実績があるかを確認すると良いでしょう。

重量物の搬出作業は、不注意で家の一部を破損させてしまったり、思わぬ事故が起きてしまう可能性もあります。

そのため実績のある業者に委託することをオススメします。

 

弊社では、マッサージチェアをベランダから搬出を行ったり、階段から運び出せない婚礼家具をお部屋の中で分解して搬出を行ったり、様々な作業実績があります。重量物の処分でお困りの際は、お気軽にご相談下さい。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

日本ビソー株式会社
〒221-0014 神奈川県横浜市神奈川区入江2丁目18番地 ユニー大口ビル208
TEL:045-401-6948
MAIL:info@nihon-biso.co.jp

HP:https://nihon-biso.co.jp/

WEB見積:https://nihon-biso.co.jp/quote/

日本ビソー㈱ロゴ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★